青葉区

水の森児童館のおはなし会イベントに参加してきました

水の森児童館のおはなし会イベントに参加しました。
終了後は外の遊具で遊び、子どもも楽しそうに過ごしていました。

水の森児童館「ドロップスのおはなし会」

開催日 2019年10月30日(水)
開催時間 11:00〜11:30
対象年齢 乳幼児
場所 水の森市民センター 図書室
参加方法 自由参加

読み聞かせボランティア「ドロップス」さんによるおはなし会です。

参加当日の様子

当日は11:00ぴったりに児童館に到着。
靴箱に靴を入れていると、図書室の方から楽しそうな声が聞こえてきました。
児童館入口の受付名簿で自分と子どもの名前を書いて、会場へ。

図書室奥が読み聞かせ会場になっていました。
赤ちゃんから3才位のお子さん、8組くらいが参加してたかな?
ドロップスのお二人(笑顔の素敵な女性でした)も
「今日はこんなにたくさん来ていただいて…」とおっしゃっていたので、いつも少人数での開催なのかもしれません。

わらべうた、親子あそび、絵本、手袋を使った歌、紙芝居、パネルシアター

30分とは思えないくらい内容の濃い時間でした♪
かぼちゃ、どんぐり、きのこ、さつまいも。
秋をイメージした作品が多かったです。

かぼちゃ、どんぐり、きのこ、さつまいも。
個人的には最後のパネルシアターが好きでした。
いろいろな動物が手提げ袋を持って登場するのですが、その袋の中身がちょっと見えてるんですね。

「きつねさんは何を持っているかな〜?」という問いかけに、子どもたちが思い思いの答えを投げかけていきます。

子どもも飽きることなくずっと笑ってました。

最後はみんなで手を繋いで輪になって、さよならのご挨拶。

おはなし会終了後は

おはなし会が終わって、アンケート回答(任意)や図書室内の本を眺めたりしていたらあっという間にお昼の時間。

そろそろお腹がすいたかな?と帰ろうかと声をかけましたが、「公園であそびたい!」とのことだったので外にある遊具ですこし遊んで帰りました。

ぞうさん型のすべり台、ラクダの形のゆらゆらゆれる乗り物、うんていなどがありました。
どんぐりやきれいな落ち葉もたくさん地面に散らばっていて、ここも子どもが喜ぶポイントかなと思います。

ABOUT ME
アバター
なごみ
仙台在住ひきこもりたい子育て中の主婦・なごみです。ずっとお家に引きこもっていたいけど子育て中でそうともいかず、仙台市の子育て情報やお出かけ情報などを発信しています。